貸室HOME>>

 

映像編集施設トップ>> ビデオ編集室 収録スタジオ 貸室料金表 アクセス FAQ

自社商品・サービスのPR動画制作に最適!!ポータブル映像制作システムを導入しました

収録スタジオ

撮影

県内で初めてとなる、ポータブル映像制作システム「TriCaster(トライキャスター)」を
導入しました。

トライキャスターは、自社商品/サービスのPR動画制作や動画共有サービス「ustream」等へのライブ配信など、様々なコンテンツ制作や配信が可能です。また、ボタン操作が中心のため、操作性に優れており、映像やコンピュータに精通されていない一般の方々でも気軽にご利用いただけます。ご自身のコンテンツ制作/配信に、是非ご活用ください。

▼ トライキャスターとは?
米国NewTek(ニューテック)社において開発され、本体ひとつで、番組制作やライブストリーミング配信が対応可能な「オールインワン」システムです。トライキャスターの登場により、これまで専門的な知識と技術が必要だった動画制作/ライブ配信が、数時間の操作研修を行うだけで可能になります。また、クロマキー処理によるリアルタイム合成に対応しており、バーチャルスタジオでの撮影なども可能です。

▼ 周辺機器設備・利用サポートについて
合成用クロマキーシートなど、撮影に必要な周辺機器を準備しております。また、当センターの収録スタジオはネットワーク完備のため、持参されたパソコン画面を撮影画面に入れ込むことも可能です。
経験のない方でもチャレンジできるよう、オペレーターからサポートを受けることも可能です(無料、要予約)。

場所: 3F
定員: 10人程度

フロアマップ 交通アクセス

こんな用途におすすめ!

  • クロマキーシートを用いた合成用映像の撮影・収録
  • ネット回線を用いたUSTREAM等のネット配信スタジオとして
  • 録音用のナレーションブースとして

▼ トライキャスターを使った動画サンプル
収録スタジオを使った動画サンプルという意味合いも兼ねて、様々な動画を公開しています。 弊センターが発行している「F-ACT」紹介ムービーや、動画活用講座など、今後もコンテンツを追加予定です。 公開動画一覧は、こちらのチャンネルよりご覧ください。

▼ トライキャスター紹介動画

対象

福井県内のマルチメディア関連企業、もしくは同業界に従事する小規模事業者・フリーランス等
(福井県内の中小企業や個人事業主の他、一般の方も利用可能です)

利用可能な時間帯と料金

午前(9:00~12:00) 4,730円

午後(13:00~17:00) 6,270円

夜間(18:00~21:00) 4,730円

全日(9:00~21:00) 15,730円

※表示の金額は税込の金額です。
※超過時間については、1時間当たり1,540円となります。

※本施設の利用に関しては、原則平日(午前・午後)となります。
(平日の夜間および、土日・祝日等の利用を希望される場合には、別途ご相談ください)

無料で使える設備

設備・備品
クロマキーシート 1
照明 10
有線LAN  

有料で使える設備

設備・備品 使用料(1時間あたり)
ポータブル映像制作システム 430円

※駐車場は無料でご利用いただけます。

主要機器

  • NewTek TriCaster 410MS
  • SONY HXR-NX3(FullHD対応)

ご利用にあたって

  • 見学対応・無料デモ等を随時開催しております(ご希望の方はお気軽にご連絡ください)。
  • ステップアップを目指す方向けに、映像制作関連のセミナー・講座を実施しています。
    詳しくは、福井県マルチメディアサポートセンターの公式サイトをご覧ください( → 福井県マルチメディアサポートセンター)。
予約するには予約状況を見る仮予約をする

予約するには

1. 予約状況をご確認ください
予約状況を見る
2. 仮予約
ご希望の時間帯があいている場合は、お電話(0776-67-7416)またはメールにて仮予約ができます。
3. 利用の申請書を提出
本予約の場合は、施設利用の申請書に必要事項をご記入いただき、FAX (0776-67-7439) またはメールにて送付ください。
申請書(word形式)のダウンロード
申請書(PDF形式)のダウンロード
4. 利用の承認
申請書の内容を審査後、担当者より承認書をFAXまたはメールにて送付いたします。これをもって利用が可能となります。

現在の予約状況(収録スタジオ)

活用事例/利用者の声

近県にはない充実の編集環境。
山下和彦様(有限会社ぱるす創房 ディレクター・エディター/福井県)
最大の魅力は、福井県内にいながら、近県や東京に劣らない映像制作ができることでしょう。
苦手な操作を依頼でき、質の高い作業に専念。
ハセガワヒロシ様(株式会社真空ラボ ディレクター/福井県)
映像講座の受講をきっかけにCM制作に力を入れました。
リラックスできる環境は長期間の編集にピッタリ
酒井理隆様(ディレクター・エディター/東京都)
驚いたのは、東京のスタジオと遜色ない設備があること。